レゴ付き本「GEAR BOTS」を買った!

f:id:Llama:20210111153642j:plain
GEAR BOTS表紙
kultz社のLEGO付絵本「GEAR BOTS」を購入したので内容をレビュー。
以前のLEGOシリーズより本体の構成が良くなってました!
テクニックパーツを中心に全部で62個入ってます。
クランクとかプーリーを沢山ゲットできてうれしい♪

付属のレゴですべての作例が作れる!

f:id:Llama:20210111153651j:plain
GEAR BOTSで作れる8作品
作成できるのはこの8作品。一度にできるのは1つのみ。
でも、本に付属のレゴブロックでこの8作品はすべて作成できる!
カラコロピタン」みたいに、作品の大半は手持ちのレゴを使わないとダメ!ってことはない。

※注意!
作品によっては、同種の部品すべてを使用するものがあります。
レゴセットにありがちな小さなパーツは予備がついている、わけではないため
この本だけで遊ぼうとする場合は、パーツをなくさないよう注意が必要です。

パーツリスト

f:id:Llama:20210111153700j:plain
GEAR BOTS パーツリスト
付属するパーツは以下の通り。
レゴのパーツ名として使用される言葉と若干異なるようなので(例:LEGOではリフトアームと呼ばれるパーツが「lever」と表記など)参考までにBrickLinkから同じと思われる名称とパーツ番号をつけてみました。
パーツ番号をクリックするとBrickLinkの該当部品のページに飛びます。
間違っているかもしれないので参考までに。

色も見た目で記載しました。ただし新旧の灰色など微妙な色の違いは判断できないため
厳密な色を指定してパーツを取りたい場合はご注意! (灰色はすべて Light Bluish Grayじゃないかと思いますが...)

書籍内の表記 番号 名称 数量
Connector peg 6558 Pin 3L with Friction Ridges Lengthwise 2
Bushing 3713 Bush 6
Tube 62462 Pin Connector Round 2L with Slot (Pin Joiner Round) 1
Cross axle extetion 6538c Axle Connector 2L (Smooth with x Hole + Orientation) 1
Crank 33299 Liftarm 1 x 3 with 2 Axle Holes and Pin / Crank 4
0-degree angle element 32013 Axle and Pin Connector Angled #1 4
1x2 plate 3023 Plate 1 x 2 2
1x2x2 corner plate 2420 Plate 2 x 2 Corner 4
2x4 LEGO Technic plate 3709b Plate 2 x 4 with 3 Holes 2
1x2 LEGO Technic brick 3700 Brick 1 x 2 with Hole 3
1x8 LEGO Technic brick 3702 Brick 1 x 8 with Holes 6
1x16 LEGO Technic brick 3703 Brick 1 x 16 with Holes 3
4-module cross axle 3705 Axle 4 2
6-module cross axle 3706 Axle 6 1
8-module cross axle 3707 Axle 8 3
12-module cross axle 3708 Axle 12 3
LEGO Technic lever 6632 Liftarm 1 x 3 Thin 4
Wheel 4185 Technic Wedge Belt Wheel (Pulley) 7
Tire 2815 Tire Technic Wedge Belt Wheel 4

本と付属品を分割できる!

f:id:Llama:20210111153709j:plain
本と付属品を分割して保管可能
これが欲しかったんだよ!っていう作りの本になっていたことが、個人的に一番気に入りました。

前作?の「Gadgets(メカメカツクール) 」までは、ブロックが入っている部分を本から分割ができませんでした。
ムリに取れば取り除けないこともないですが、その部分が中途半端に余る感じに。。。

f:id:Llama:20210111153726j:plain
Gadgetの構成
本の背表紙がリングになっていて作業中にページをしっかり開いていられるところは良いのですが、ブロックの部分が、出し入れしているとどうしてもボロボロに。

f:id:Llama:20210111153733j:plain
カラコロピタンも同じ作り

今回の背表紙はリングではないですが、表紙は中身のページよりしっかりした紙で、折り目がつけやすいようになっています。
飾りの紙もビニールに入ってひとまとめになっています。
また、ブロック部分とは透明なテープで止めてあるだけのため、つなぎ目にカッターを入れれば簡単に分割できそうです。
個人的にテクニックパーツは別の箱にざっくり仕訳けて保管しているため、本と分けて保管できるのはありがたいです。
本の収納スペースも小さくできますし。

部品が実物大で印刷されているので本の上に置いて確認できる!

f:id:Llama:20210111153717j:plain
パーツリストは実物大

作品の最初は、必要になる部品の一覧が示されています。
この部分は実物大なので上の画像のようにパーツを本の上に置いて確認できます。
長さを間違いやすいアクセル(軸)も置いて確かめることができます。
(このセットに入っているのは黒と赤、しかも数が異なるので間違えにくいですが)

そのあとは英語で簡単な説明がありますが、レゴの組み立て説明書と同様に 絵が分かりやすいので英語を読まなくてもOKかなぁ。

組み立て後にひっくり返す記号などはレゴのセットに付属の説明書と同じ表記のため 普段説明書を読みながら組み立てられる方なら問題ないかと。

日本語訳を待ってみる?

kultz社のLEGO付絵本は何種類か出ていて、そのうちの何冊かは、その後ポプラ社から日本語版が出ています。

2015年Lego Chain Reactions → 2018年カラコロピタン! レゴブロックで作るからくり装置

2018年Lego Gadgets → 2020年メカメカツクール レゴブロックで作る実験マシーン

こんな感じで出版から数年後に日本語版が出る可能性があります。
本を隅々まで楽しみたい!って場合はポプラ社にリクエストして待ってみるって手もありかも。

長い文章はあまりないため、英語の勉強を兼ねてみるのも良いかも?
対象年齢は8歳以上とのことで、日本語版まで待てない!という方、おススメです!!!

紀伊国屋書店でお取り寄せも

日本語版まで待てない!けど
上記のAmazonは海外の業者経由のためちょっと心配。。。
って方は、紀伊国屋書店の洋書取り寄せを利用してみる手も!

www.kinokuniya.co.jp

入手に時間がかかるかもしれませんが、万一郵送等トラブった時も
日本語で問合せできてラクチン♪

Amazonにしろ紀伊国屋書店にしろ洋書なので、購入時の為替レートにご注意!
購入タイミングで結構価格が変わります。